読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

White Box技術部

WEB開発のあれこれ(と何か)

【au & DMM】携帯料金9100円から2350円への道

買い換えないと損(?)

iPhone 6sが発売されましたね。販売状況を見てみましたが、都内だと新色以外なら待ちなく買えるようでした。 今回はどこもこんな感じなんでしょうか。

さて、5sを使っている自分は、来月で使用期間が2年になり、キャリアに依存した買い替えタイミングを迎えつつあったのですが、 この「キャリアに依存した買い替えタイミング」がどうにも気に入らなくなってしまったので、今回携帯の契約を見直すことにしました。

というのも、再来月から月々の値引きがなくなるため、古い端末を使っているのに、額面上、新しい端末よりも月々の支払いが多くなるのが、自分の精神衛生上よろしくなかったんです。

というわけで、今日はそんな状況を見直してみたお話です。

高い!とにかく高い!

スマホが・・・高いです・・・

お役所が「安くしろ」と言ったとかは関係なく、月7000円(値引き無し)は、 1サービスに払う額として、ものすごく高額です。

私が大学生の時は高くて月2、3千円だったのが、今や最低がその3倍。 こんな状況なのに、今まで律儀に払っていたことを考えると、まあうまく調教されていたものだと我ながら思います。 私に限ればもういい歳なので、別に払えない額ではないのですが、今自分が学生だったらどうなっていたんでしょうか・・・

ほんの僅かの節約術

私は端末は一括で買い、月々通信費から2000いくらを値引いて貰うスタイルで運用していました。
これは家電量販店で端末購入代のポイントを稼ぐことと、キャリアに借金するような買い方を避けるためです。

それに毎月9000いくらという請求にげんなりする位なら、まだ5000円いかないくらいの請求の方が、 これまた精神衛生的に良かったですし。

電話として使えない電話

5sに変えた時点で無料通話プランもなくなり、たまに数分電話するとプラス1000円くらいされるため、 電話としては極力使うのを避けるようになったiPhoneですが、最近はそんな状況を打破するためか、 通話に適したプランも出てきたようです。

自分達でこういう状況を作っておきながら何を今更、という感じしか私はしませんでしたが、 皆さんはこのサービス展開をどう思ったのでしょうか?私、気になります!

そしてこれの面白いところは、安いだなんだ言いつつ、トータルの料金は上がることですかね。
4sから5sに変わるときでも500円位上がりましたが、今回もそのくらい上がります。安いとは一体何なんでしょうかw

まあiPhone単体でも10万超えてきましたし、何かスマートフォン周りの価格設定だけ色々おかしい気がします。

通信品質向上云々かんぬんは、ぶっちゃけもう求めていないんです。

ということで、次の選択肢、MVNOに登場していただきます。

DMM mobile

mvno.dmm.com

なんかDMMはいろんなことやってますね。艦これで名前を聞くようになるまでは、動画販売の会社だと思ってましたが、3Dプリンタ事業とか英会話とか、 手広く色々やっているようです。1企業でこれだけ多様なサービスを展開しているところは、あまりないんじゃないでしょうか。

気付くとMVNOにも手を出していたようで、後追いになっているからなのか、結構安い価格で展開されていました。 私は毎月大体3.5GBの通信料だったので、以下は全て通信プラン5GB前提で話を進めます。

しかし、この売り文句はなかなかにきてますねw
どこかの「そろそろ反撃してもいいですか?」を思い出してしまいました。

プラン・料金

DMM mobileにはパケット通信のみのデータSIMプランと、通話も可能な通話SIMプランが存在しています。それぞれ5GBの料金は2015/10/25現在、以下のようになっています。

  • データSIMプラン(5GB):1,210円(税抜き)
  • 通話SIMプラン(5GB):1,970円(税抜き)

安い・・・安すぎる・・・

最初はDMMにMNPするつもりだったので、音声通話SIMで契約を考えていたのですが、以下のキャリアのHPと比べて圧倒的にわかりやすい説明ページを見ていて、キャリアメールと留守番電話(11月に追加予定)がないことに気付き、考えを変えました。

mvno.dmm.com

ガラケーと併用するのはどうだろう?

2台持つ鬱陶しさができますが、4sに変えた頃と違って2台持ちの方が圧倒的に安いという現状では、 それくらいは妥協するかなと思った次第です。

ガラケー、もといガラホ()の魅力

魅力は・・・無いです。というより、電話として待受さえしてくれれば良いので、今となっては動作がもっさりしてようが構いません。 というわけで一世代前のSHF31の赤にするつもりでした。デザインもこっちのほうが良かったですし。

www.au.kddi.com

ということで、サクッとiPhone 6sの64GBと、データSIMプラン(5GB)を注文し、どちらも仕事の都合で受け取りは注文から1週間後くらいになってしまいましたが、無事動作することが確認できたので、これで機種変更する準備が整いました。

ここまではすんなり来たんです。そして、ここからが大変でした・・・

auショップ

SHF31は結構古い機種になるため、かなり久しぶりにauショップに行くことにしました。実際、ヨドバシカメラのWEBサイトでは販売終了になっていましたしね。

ヘイト+1

iPhone 6sが使えるようになったので、週末近所のauショップに機種変更に行ったのですが、

「当店に赤は在庫がございません。他店にあるかお調べすることもできません。お客様で調べて頂く必要があります。申し訳ありません。」

まあそういう変なルールがあるなら仕方ないね、と他の店舗に電話してみるも呼び出し音がなるばかりでラチがあかず、その日の機種変更はやめることに。

ヘイト+2

翌日、別のauショップに行くと運良く在庫があったので、契約をお願いしたのですが、

auスマホ交換プログラム | キャンペーン | au

auの公式サイトにはこのようにSHF31を2万円値引きする旨が書かれているのに、「この店舗では2万円分の周辺機器で還元しています」と言われ、予定がいきなり狂ってしまいました。

ややあって、特別に本体価格から引きますと言われたので、釈然としないものを感じつつも契約の話に移ったのですが、そこも一筋縄ではいきませんでした。

ヘイト+3

今回、au電話はただの保険のようなものなので、極力余計な契約は外したいと考えていました。 そこで、パンフレットでは当然のようにプラス連結されているパケット定額の契約が外せないのか確認したところ、

「ここ(パンフレットの※字)に書いてあるように、SHF31ではデータ定額プランが必須となります。」

・・・(゚д゚)ああ、書いてますね・・・

「SHF32にしていただくと外すことは可能です。しかし、これらの携帯電話は中身がAndroidになっておりますので、意図しない通信が発生する可能性があるため、定額プランを追加しておくことをお勧めします。」

(゚Д゚)?ま、まあそういうことも、ある、でしょうけど・・・
あ、でもそれは定額プランの最低価格帯の通信料以下になりますよね?

「回答しかねます。Android側やインストールされたアプリ側の処理になってしましますので・・・」

・・・(;´Д`)インストールされているアプリを全部消してもダメでしょうか?

「プリインストールさせれているアプリは削除できません。」

ガラホ、止めました。

Hate/dawn night ~その日、ガラケーにまた出会う~

3Gのケータイであれば通信が制御できますよとお勧めされたので、3GケータイのGRATINA2にすることにしました。

www.au.kddi.com

もうこの時点でかなりぐったりしていたので、思ったより本体価格が高かったのですが、早く決めて早く帰ろうとしていたところ、 とどめの一撃を貰いました。

「本日から契約が切り替わりますので、今お持ちのiPhone 5sの本日分の通信量が3Gケータイの通信量上限に達していた場合、パケット通信料は上限金額が請求されてしまいます。なお、本日の通信料をお調べすることはできません。」

なんかもうげんなりして、後日来ることにして帰りました。 ちなみに前日の通信料を参考に、通信費の計算をお願いしたところ、20MBだとMAXに到達しているとのことです。 iPhoneの契約で使った通信料なのに、なんともはやでした。

GRATINA2の白ROM購入

機種変更が結局後日になったので、憎しみに濁っていた私は、GRATINA2の新古品(11,800円)をネット通販で買いました。

これ、発売からだいぶ経っているのですが、auショップでは32,400円で販売されており、 そのうえ毎月割は90円(!?)という、かなり減額された額になっていました。

これから機種変更を考える方は、私のように端末を予め自分で買っておく方がお得かと思います。

契約弱者

0時になる前にiPhone 5sのモバイル通信をOFFにしておき、再びauショップに向かい、端末持ち込みでの機種変更をお願いしたところ、今度はだいぶスムーズに進みました。

まあそれでも納得はできなかった契約内容に、

  • iPhone 5sに付いている月々の割引は、今月含め2ヶ月残っているが、今月の割引から消滅する(機種変更当月はiPhoneの料金が値引きされずに請求される)
  • 料金は日割り請求するが、割引を日割りで適用したりはしない
  • 本日の通信料は3Gケータイ側のプランで請求がいく

というようなことがあるのですが、この不平等感は無理やり我慢しました。

auは「森林保護のため、月々の請求を紙で送ることは止めました。請求金額はWebで確認してくださいね。」とか宣って、月々の請求をメール通知すらしないメールサービスを提供している企業なので、とてもロックです。

そして契約へ・・・

これで新しい契約の締結が完了しました。この結果、月々の携帯料金は以下のようになりました。

と、その前に

HP上で展開されている価格は税抜きです。契約してみると当初計算より高く感じるのはこのせいです。8%も取られますしね・・・

8%・・・辛い・・・10%とか・・・どうなってしまうんだろうか・・・

なので、以下では消費税8%を入れた額で表示しています。

忌避すべき電話代(auのみ)

iPhone 6s (64GB)+LTEプラン+必須契約(詳しくはauサイトで)

 ⇒ 合計:税込み 9098円(端末代含む)

これからの電話代(auとDMM)

  • au
    プランEシンプル+EZ WINコース+ユニバーサルサービル料
    743 + 300 + 2 = 1045円
    → 税込み 1129円(8%)

  • DMM mobile:
    シングルデータコース データSIM 5GBプラン+ユニバーサルサービル料
    → 税込み 1308円(8%)

 ⇒ 合計:税込み 2353円(端末代含まず)

というわけで、月6745円の節約に成功しました!

2年間での料金差

月6745円浮くということは、これをauの割引期間である2年間で計算すると、トータルで161,880円浮くことになります。

今回購入した端末代は

  • iPhone 6s (64G):106,704円 (税込、送料込)
  • GRATINA2:11,800円 (税込、送料込)

で、118,504円のため、端末代を考慮しても 161,880 - 118,504 = 43,376円と、約4万円節約できたことになります。

携帯料金を見直してみて

au対応以外はそこまで苦労せずに見直しをかけることができました。 それでこのリターン(年2万円)はそれなりに大きいんじゃないでしょうか?

そして、これで2年間の機種変更圧力ともおさらばです!

端末が壊れたら買うとか、3年単位で買うとか、そういう自由を取り戻した感がすごくあります。見直してよかった!

あとは、SIMフリー端末になったので、Windows Phoneが使いたくなって買った場合や、何かの気まぐれでAndroid端末を使うことになった場合も、SIMを差し替えたり、シェアプランに変更することで対応できるようになったことが、開発者的には大きいかなと思います。

最後に

さて、私がこの言葉を書くのは何気に初めてですが、

本記事に記載されている内容を実施する場合は、 全て自己責任となることを認識して実施してください。

もちろん、個人的にはこの2台持ちプランが現状お奨めで、 DMM mobileに変えて電波に不満が出たということもなく、 むしろauWi-Fiをつかまなくなったので、家を出るたびにWi-Fiオフにしなくて済む分、すごく満足しているのですが、 検証している範囲が都内なので、地域によってはどうなるか不明です。

実家が田舎なので、今度帰省した際にでも電波状況をチェックして追記しようと思います。